FC2ブログ
爪研ぎの時のクセ
2006 / 07 / 12 ( Wed )
ムギが爪研ぎをする時、いつも後ろ足片方だけ床につけています。

ムギ爪研ぎ バリバリ…


ムギ スッキリ

何か意味があるのかな?

ranking にほんブログ村 猫ブログへ
スポンサーサイト



22 : 27 : 57 | | コメント(7) | page top↑
<<どこにいる? | ホーム | 前足にヒゲ?>>
コメント
----

ムギちゃんのこだわりですかね。
猫ってへんなことにこだわりますよね~。

スッキリのムギちゃんが凛々しくて素敵…。
by: エリックのかーちゃん * 2006/07/12 23:47 * URL [ 編集] | page top↑
----

台が動かないようにおさえてるんでしょうか?
もし そうなら ムギちゃん かなり かしこいですね。

お~い 山田君 ざぶとん一枚!
じゃなくて かしこさをレベルアップして
あげてください。
by: カーズ * 2006/07/13 07:13 * URL [ 編集] | page top↑
--おさえてるのー?--

すごい!

しっぽのさきの
ぴょんぴょん毛に萌えー
by: あや@食 * 2006/07/13 09:01 * URL [ 編集] | page top↑
----

ご無沙汰してました。
ムギちゃん相変わらず かわゆいですね。
実は、お話したかもしれませんが、私が高校生の頃から生きていた 
ムギちゃんみたいな雑種長毛猫の『ちこ』が5月に他界してしまいました。
ムギちゃんを見ると『ちこ』を思い出します。
で、実家の母が寂しいからと新顔ちゃんを迎えたので、
新たに猫ブログをはじめました。
よかったら 見てやってください。

それにしてもムギちゃんのしっぽがかわいいですね。
by: 香☆鈴 * 2006/07/13 11:33 * URL [ 編集] | page top↑
--つめとぎ--

ムギちゃんのお体に対し、つめとぎが小さめなんじゃないでしょうか?
・大き目の爪とぎを買う。
・同じものをもう一個購入し、二個並べて裏をガムテープで固定する。
そのどちらかでムギちゃんは、より快適に爪とぎ生活をおくれると思いマスv-22
by: とおりすがりです。 * 2006/07/13 22:18 * URL [ 編集] | page top↑
--えらい!--

ムギちゃんちゃんと、爪とぎ用使ってるんですね。
偉いv-82なあ。
とおりすがりさんのアドバイス試してみるといいかもです。
大きいのにしても、片足床についてたら、それは”こだわり”ですね。
by: らい * 2006/07/13 23:19 * URL [ 編集] | page top↑
--★お返事--

★エリックのかーちゃんさんへ
猫のこだわりって結構あるみたいですね~!
ムギは水とカリカリの食器の位置が逆になると、嫌そ~にこっちを見ます(笑)
スッキリなムギを、お褒め頂きありがとうございますv-345
なんだか体が大きくなった気がするので、今度身長(?)を測ってみます。

★カーズさんへ
台は固定されてないので、押さえているのでしょうか。
猫がそんなに器用な事ができるとは… 侮っていました…

賢さアップしていますね!
今日は時間が遅くなったので、明日レベルアップしますv-354

★あや@食さんへ
意識して押さえていると、凄いですね!
私は、猫がそんなに賢い動物だとは思っていませんでした…
しっぽの先っぽの毛、スキばさみv-316で切ったような感じですよね(笑)

★香☆鈴さんへ
ご無沙汰しております!
ムギはお陰様で淡々と成長しているようです。
しっぽお褒め頂きありがとうございます。
途中で切れたみたいな感じですが、ひょこひょこ良く動いてます(笑)

ちこちゃんのご冥福をお祈り致します。
香☆鈴さんと一緒に暮らせて、愛情を沢山もらって幸せだったのではないでしょうか。
天国からずっと見守ってくれていると思います。v-484

新しい猫ちゃんが来たのですね…!
明日、お邪魔しまーすv-410

★とおりすがりさんへ
初めまして!
アドバイスありがとうございます!v-290

確かに、爪研ぎが小さいような気がしてきました…
それに、壁が邪魔なのかもしれませんね~
近々試してみようと思います。

★らいさんへ
爪研ぎはどうやら習慣になったようで、一安心しています。
でも、見てないところでイスでやってたりします(汗)
なので、イスにちょっとしたカバーをかけてみました。
どうなるか…
大きな爪研ぎでする時は、見物ですね!v-212
by: ムギママ * 2006/07/14 00:22 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |